FC2ブログ

日常の身の回りの事を書いてます

プロフィール

ペイオフネクスト

Author:ペイオフネクスト
ピー!・エス・パ!へようこそ!
平日多忙のため更新は毎週末が中心です。
よろしくお願いします。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
0 コメント

プロの道具

床屋さんに行って来ました。
僕が小学校4年の時に初めて一人で行ってお世話になって以来、
はや幾星霜、ずっと行きつけの大好きな床屋さんです。
マスターはご高齢になりながら今だ現役。長男である二代目も立派に育って安泰のお店です。
2018-05-19 003 

プロの使う道具と言うのは、一見普通に見えていても実はまったく別格だったりします。
それが、例えハサミ一本でも、クシ一本でも。
お客さんに何気なく使っている在り来たりの道具ですが・・・・

今日は、散髪が終わった後にその話が出てマスターにプロの道具を見せてもらいました。

2018-05-19 004 
ハサミ。
一本12万円。(@_@;)
文房具の紙を切るハサミはステンレス製が一般的です。
おなじ「かみ」でも「髪」を切るハサミは、柔らかい鋼材と固い鋼材を幾層にも重ねて
精製されていて、刃先はコバルト鋼が使われているとか。

僕は鉄工所勤務なのでなんとなく材質の理解が出来ます。そら高いわなw

それでも価格はここ数年で高騰しているそうです。
以前は5万円ぐらいで買えたそうですが、同じ物が倍以上の値段になっていて
「ハサミ屋がボロ儲け」とマスターが愚痴ってましたw

ん~・・・まぁね、ボッタクリもあるかもしれませんが、
材質がレアメタル(希少金属)って言うのもありそうな気もします。

2018-05-19 001 
クシ。
「100均」、「ダイソー」、ではありませんw
プラスチックではなく、何とべっ甲製!亀の甲羅で出来ています。
これもハサミと同じで希少材質。手前の一部が割れているクシは、一本4万円。
奥は2万5千円もする逸品です(@_@;)

普通のクシとの大きな違いは、髪のクシ通りがプラスチック製とはまったく違う所だとか。
ただ、落とすと割れやすい性質も兼ね備えているらしく、手前のクシが一部欠落しているのは
お店で使用中に誤って落として割れてしまったそうです。

いくら良いからと言って、素人が安易に手にする物ではありませんw

それでも、この類のハサミとクシがどうしても欲しいと思った方はアマゾンでも買えます。

ただ、値段の差はそれぞれありますが、アマゾンでも真のプロ用はやっぱり高いww






コメント

非公開コメント